EBの可能性

HOME > EBの可能性

EBの可能性一覧

最先端の技術を駆使して様々な用途に応用されるEB(電子線)
限りなく広がるEBの可能性は、航空宇宙工学の専門分野から身近な日常品まであらゆる分野で展開されています。

EBとは

電子線照射への関心は、新しい装置の開発と共に、日夜たゆまぬ応用分野の研究、開発によって、世界でますます高まっています。岩崎電気グループは、1986年に国内における電子線照射装置分野に参入し、電子...

詳細ページへ

EB豆知識

EBは加速電圧によって、照射される製品中に浸透する深さが変化します。加速電圧が高いほど、EBは深く浸透します。例えば、印刷など表面あるいは10 μm 程度のEB処理では低い加速電圧を、厚い...

詳細ページへ

EBとUVの比較

電子線(EB)と紫外線(UV)を利用したコーティングのキュアリングは良く比較されます。従来の熱硬化とあわせて、それぞれの技術の特徴を比較しました。

...

詳細ページへ

EBの特徴と原理

1.環境にやさしい、クリーンな装置
コンバーティング分野で、VOC(揮発性有機化合物)フリーなコーティング処理が可能です。

2.高エネルギーで、さまざ...

詳細ページへ

EB処理システム

一般的なEB装置(電子線照射装置)はプラスチックフィルム、紙などの連続した素材(ウェブ)に照射するのに適したデザインになっています。真空チャンバー(電子線加速部)で発生したビームは大気側に取り出...

詳細ページへ

EBの可能性

電子線(EB)はさまざまな分野で応用されています。従来の熱乾燥から、EBを使ったVOCフリーのプロセス、EBならではの高速生産を検討してはいかがでしょうか。EBによる瞬時の架橋、重合、硬化により...

詳細ページへ

EB重合・グラフト重合

小さい分子(モノマー、オリゴマー)をつなげ、高分子(ポリマー)にする反応。液状分子を固体化します。一般にラジカル重合という反応プロセスです。

...

詳細ページへ

EB架橋(橋かけ)

さまざまな高分子にラジカルを発生させます。それらのラジカル同士の化学結合を促進させて、「橋かけ」したような網目状の構造を改質します。

...

詳細ページへ

EB滅菌・殺菌

一般的な薬剤による滅菌では、最終製品への薬剤残留が懸念されます。また熱殺菌はプラスチック素材などには不向き。EB滅菌なら薬剤を使用せず、さらに常温で滅菌できます。高出力のEBは、他の滅菌方法に比...

詳細ページへ

EBの利用分野

EBパワーを、どの分野に有効利用するか・・・EBが開く可能性は限りなく広がります。

...

詳細ページへ

トップへ